アートワーク



【花魁 紺屋高尾異聞(おいらん・こうやたかお・いぶん)】12分

古典落語の「紺屋高尾」をアレンジして映像化。いわば〝和のファッションリーダー〟だった花魁を題材とし、地域の伝統産業である織物の魅力を映像で表現した。撮影はすべて桐生市内で行い、キャストやスタッフ、音楽なども地元関係者が担当。全体のテーマを「桐生きものアート」と定め、衣装だけでなく、内装や字幕画面の背景にも華やかな織物を多用している。
2016年6月公開作品。

監督 登丸貴之 
原作 古典落語「紺屋高尾」 
編集 東山迅児、登丸貴之
出演 田中沙季 
   佐藤涼平(ワンクッション) 
   田部井大(ワンクッション)ほか
劇中歌 「水と魚」葉月那央、「君のために」矢嵜風花
衣装協力 Kimono Factory にいさと

とくに織物関係者、着物が好きな人に見てほしい!