今日も今週末土曜日に迫った3/7「ちいさなちいさな映画祭at桐生

作品紹介を続けます!!


10325781_1503844633169072_667402996901695220_n

  <スーブニール>会場:本六ふれあいステーション15:00 
前橋大空襲をキーワードに、現代の若者が戦争の悲惨さを知りながら、自分の未来に、迷いつつも進んでいく姿を描きました。出演者はオール前橋市民、スタッフは前橋市内の学生で作り上げたまち映画です。
監督・原澤芽衣 主催・まえばしやる気の木プロジェクト



10939629_791150170960296_1879790924_o

<忍びの風、山を駆ける>会場:本六ふれあいステーション13:00 
「この町には昔、忍者がいたんだって。私、忍者になる!」東吾妻町岩櫃山(いわびつやま)を舞台とした、忍者になりたい女の子のひと夏の物語。2014年秋に開催されたイベント「岩櫃城 忍びの乱」に合わせ制作された、オール東吾妻町ロケ、出演者もオール東吾妻町町民の手作りムービー。
監督:岡安賢一 出演:荻原志保、佐藤夢生、富澤朗、長谷川香奈子


<日々晴天>会場:旧三恵薬局15:00
群馬県桐生市の、しかも、そのほんの一区画である「糸や通り」だけにロケーションを絞り、そこに住む、若者の喜怒哀楽を描いた作品です。テーマは「それでも明日は来る」とし、何があっても「ひと」は、日々生きていかなければならないということが、少しでも理解していただけたら幸いです。
監督・市川久仁彦 制作・自主映画制作集団 幻創舎

<異次元奇談 The Movie ベンチのおとこ>会場:本六ふれあいステーション13:00 
 元々は、「現代の恐怖」をテーマとした、連続オーディオドラマのパイロット版のような作品です。今回は、「ひとりの男の孤独」という恐怖を描いた「ベンチのおとこ」という話に、固定映像を付け、「映像紙芝居風」に仕上げています。
監督・市川久仁彦 制作・幻創舎メディアクラフト

<異次元奇談 解けゆく氷>会場:本六ふれあいステーション13:00 
 連続オーディオドラマ異次元奇談2作目。何の変哲もない新婚生活を送る誠治と清美。愛し合うふたりの真ん中にある大きな冷蔵庫、その中には秘密があって――
監督・豊田れい子 制作・幻創舎メディアクラフト


まだまだたくさんの群馬県内で撮られた作品を上映しますので、3/7は是非桐生へ!

↓詳しくは
ちいさなちいさな映画祭at桐生