2015年03月

映画祭、無事開催にあたり。

きのう「ちいさなちいさな映画祭atきりゅう」開催しました。

大切な映画作品を上映させていただいた4つの制作団体の方々、また開催にあたりご心配と大きなご配慮をいただいたたくさんの方々へ、まずはお礼申しあげます。

本6ふれあいステーション、ふれあい会館、そして旧三恵薬局という場所に会場として巡り合わせていただいた関係者の方のご配慮のおかげさまで、無事開催することができました。

当日はのべ100人近いお客様を迎えて群馬県内各地で制作された16作品を鑑賞いただきました。まさにその土地土地の空気や人びとの息遣いまで感じられるような作品ばかりで、完成度の高さに圧倒されました。見習うべきことや課題、地域の映画のレベルの高さなど自分たちだけで映画を作っているだけでは気づけなかったことを教えていただけたような気がします。

またむ~びぃ部新作に対してもたくさんのご好評をいただき、ありがとうございます。監督、役者、絵画や小物制作を担った部員、編集者、それぞれが最高の笑顔で上映会を終えることができました。

若者が手探りで手作りしたちいさなちいさな映画祭ではありましたが、ご協力くださったすべての方への感謝を忘れずに、今後とも活動していきたいと思います。

どうぞ、次回の上映をお楽しみに。

ちいさなちいさな映画祭atきりゅう
実行委員長 豊田れい子

ちいさなちいさな映画祭at桐生【作品紹介その4】

3/7「ちいさなちいさな映画祭at桐生

作品紹介最後は桐生ワイワイむ~びぃ部新作のご紹介です。

ちいさな映画祭D



今回の映画祭ではむ~びぃ部から新作は3本!!

会場:本六ふれあいステーション10:00、ふれあい会館15:00の2回ずつ上映!!


無題 (2)

<チドリーノ・ジ・アニメーション>監督・編集 ぐれ
桐生ワイワイむ~びぃ部マスコットリ”チドリーノ”が縦横無尽に飛び回る短編コマ鳥実写アニメーション!



box-s-idyp742uwbzih4c3hvvvnnwkpe-1001

<きせつの唄>
輝く太陽のもと季節をあやつる四人の神様たちの物語。
画家津久井ひとみ描き下ろしの絵画を基にした絵本によるスライド映画。
当日はふれあい会館で原画も展示予定。併せてお楽しみください。

監督 霜村嘉一 脚本 豊田れい子
原案 松嶋好司郎 絵画 津久井ひとみ
音楽 北村綾子


2222_s

<そして妻になる>
OLのレイは好意を寄せていたユウジに告白するが「人妻が好き」とフラれてしまう。
それならと、レイは「人妻になる」こと決意する…。
む~びぃ部長編作品4弾。
漫才師アンペアーの酒井ちひろ初監督。
書下ろしのいわしピクニックの珠玉の主題歌、そして初主演の演技にも注目。

監督 酒井ちひろ 脚本 滝川みつね 編集 サーモンスタジオ
出演 いわしピクニック 久保田融 田所裕美 和 滝澤歩 中野ゆうや(特別出演) 
主題歌 「太陽とまんまるお月さん」いわしピクニック(作詞作曲いわしピクニック 編曲サーモンスタジオ) 


たくさんの群馬県内で撮られた作品を上映しますので、3/7は是非桐生へ!

↓詳しくは
ちいさなちいさな映画祭at桐生



そして本日21:00よりアンカンミンカンの桐生まちなか配信でも告知させていただけることになりました!!
実行委員長以下何名かでお邪魔します!!

こちらも入場無料であのアンカンミンカンを生で見れますのでぜひご来場ください。 

ちいさなちいさな映画祭at桐生【作品紹介その3】

今週末土曜日に迫った3/7「ちいさなちいさな映画祭at桐生

作品紹介もついに3回目となりました!!

今日はむ~びぃ部過去作品及びむ~びぃ部に近い(?)作品を紹介!!


bd3248be



<Amazing Place~Re:いつか帰ります>会場:旧三恵薬局13:00
東京への帰路の途中、雪生が立ち寄ったのは桐生という町だった。どににでもありそうな。どこか懐かしい、でも暗い駅前通り。 何かに導かれるように入ったカフェで、彼は心のどこかでずっと探していた人達に出逢って・・・
監督 豊田れい子 制作 桐生ワイワイむ~びぃ部


<逆襲のアンペアー>会場:旧三恵薬局13:00
桐生市の漫才コンビであるアンペアーは、念願のテレビ出演を決め、梅田の山にこもり特訓をしていた。しかし、そんな二人の元に銀河連邦の使者が訪れ、太陽系にバイパス通るから、地球人移転だよと告げられる。「え?俺たちのテレビは?」「いや、それどころじゃないから。」アンペアーの運命は、いかに? 漫才とSFが融合した怪作短編映画。
監督 松嶋好司郎 カメラ編集 市川久仁彦 脚本 松嶋好司郎 酒井ちひろ
キャスト アンペアー 及川奈奈世 戸矢みずき 折茂正行

<ハセイさん家の守護猫トラ> 会場:旧三恵薬局13:00
不動産業の和樹は、優秀なお祓い師でもあった。ある日、友人から頼まれ彼の部屋に現れる幽霊を祓いに出向く。現れたのは、若い女の幽霊だったが、和樹の祓いの言葉が通じない。どうする?和樹。 ショートショートホラーコメディ
脚本監督 松嶋好司郎 撮影編集 サーモンスタジオ 挿入歌 本島ヒデオ キャスト 周藤和樹 久保田融 トラ




まだまだたくさんの群馬県内で撮られた作品を上映しますので、3/7は是非桐生へ!

よくわからないって人はとりあえず10時上映に間に合うようにまちなかテレビに来てパンフレットをもらえば大丈夫!他の会場もすぐ近くですのでスタッフがご案内いたします。

↓詳しくは
ちいさなちいさな映画祭at桐生

ちいさなちいさな映画祭at桐生【作品紹介その2】

今日も今週末土曜日に迫った3/7「ちいさなちいさな映画祭at桐生

作品紹介を続けます!!


10325781_1503844633169072_667402996901695220_n

  <スーブニール>会場:本六ふれあいステーション15:00 
前橋大空襲をキーワードに、現代の若者が戦争の悲惨さを知りながら、自分の未来に、迷いつつも進んでいく姿を描きました。出演者はオール前橋市民、スタッフは前橋市内の学生で作り上げたまち映画です。
監督・原澤芽衣 主催・まえばしやる気の木プロジェクト



10939629_791150170960296_1879790924_o

<忍びの風、山を駆ける>会場:本六ふれあいステーション13:00 
「この町には昔、忍者がいたんだって。私、忍者になる!」東吾妻町岩櫃山(いわびつやま)を舞台とした、忍者になりたい女の子のひと夏の物語。2014年秋に開催されたイベント「岩櫃城 忍びの乱」に合わせ制作された、オール東吾妻町ロケ、出演者もオール東吾妻町町民の手作りムービー。
監督:岡安賢一 出演:荻原志保、佐藤夢生、富澤朗、長谷川香奈子


<日々晴天>会場:旧三恵薬局15:00
群馬県桐生市の、しかも、そのほんの一区画である「糸や通り」だけにロケーションを絞り、そこに住む、若者の喜怒哀楽を描いた作品です。テーマは「それでも明日は来る」とし、何があっても「ひと」は、日々生きていかなければならないということが、少しでも理解していただけたら幸いです。
監督・市川久仁彦 制作・自主映画制作集団 幻創舎

<異次元奇談 The Movie ベンチのおとこ>会場:本六ふれあいステーション13:00 
 元々は、「現代の恐怖」をテーマとした、連続オーディオドラマのパイロット版のような作品です。今回は、「ひとりの男の孤独」という恐怖を描いた「ベンチのおとこ」という話に、固定映像を付け、「映像紙芝居風」に仕上げています。
監督・市川久仁彦 制作・幻創舎メディアクラフト

<異次元奇談 解けゆく氷>会場:本六ふれあいステーション13:00 
 連続オーディオドラマ異次元奇談2作目。何の変哲もない新婚生活を送る誠治と清美。愛し合うふたりの真ん中にある大きな冷蔵庫、その中には秘密があって――
監督・豊田れい子 制作・幻創舎メディアクラフト


まだまだたくさんの群馬県内で撮られた作品を上映しますので、3/7は是非桐生へ!

↓詳しくは
ちいさなちいさな映画祭at桐生

ちいさなちいさな映画祭at桐生【作品紹介その1】

今週末に迫りました「ちいさなちいさな映画祭at桐生」

本日の東京新聞に掲載いただきました。
DSC_0601

東京新聞のウェブ版でもご覧いただけます!ぜひ!


本日から少しずつ上映作品を紹介していこうと思います。

まずは群馬県で多くのまち映画を手掛けている藤橋誠監督の作品から!

メイン

<しゃんしゃんしゃんしゃしゃしゃんしゃん> 会場:旧三恵薬局10:00
2011年/83分/藤岡市鬼石地区映画製作委員会製作 山中美樹は中央高校に通う新体操部所属の高校1年生。ある日の練習中、美樹は足を滑らせ転倒し、足首を痛めてしまう。試合への出場が絶望的になり、失意に暮れる。そんな矢先、校内で偶然的に水上佳那子から『アニメ研究部(以下アニ研)』へ誘われ、部室へ行くことに。そこで一心不乱に漫画を描くオタク少女、谷川麻央とただひたすら漫画を読んでいるヤンキー女子、森尾由香里に出会う。今まで関わったことの無い人種に、美樹は戸惑いと若干の興味が湧き、不思議なテンションを感じるアニ研に所属することに。 文化系女子高生たちが、太鼓や鬼石祭りを通じて、それぞれの1歩を歩き出す、汗と涙と笑顔の詰まった青春コメディ。

あおとんぼメインスチル

<あおとんぼ> 会場:本六ふれあい会館13:00
2011年/20分/千代田町/千代田町映画製作委員会製作 邑楽郡千代田町在住の小学5年の高橋葵と、転校して来た同級生、石上一生は担任から命じられて町の案内地図を作ることに。子ども達の目を通じて切り取られた町の原風景を舞台に描かれた小さな冒険物語。


グラス☆ホッパーフライヤー

<グラス☆ホッパー>会場:本六ふれあい会館13:00
2013年/66分/財団法人日本ラグビーフットボール協会後援 小学6年生の女の子、小日向未生がこの物語の主人公。 英語教育を実践している群馬国際アカデミーに転校し、帰国子女に負けぬよう学校と塾を往復する毎日。 未生の弟である博志は、元日本代表の父、達也に憧れ、将来は父のようなラガーマンになりたいと思っているが、運動神経が鈍く、体育の授業で行ったタグラグビーでも大恥をかく。達也にレクチャーを懇願するが、何故か達也は完全拒否。仕方が無く、自ら練習をしようと決断する。 山崎光基はラグビー応援アイドルユニットRGB(アールジービー)のリーダー赤川紗英の熱烈なファン。ラグビー繋がりできっと出逢えるに違いないと、全く根拠無い確信から、東毛ワイルドナイツラグビースクールに通い始めるが、練習の厳しさと肉体的苦痛に嫌気がさしている。ラグビーへの中途半端な気持ちを見透かしてか、同スクールのキャプテン、三木勇人と女子マネージャーの石田亜美から嫌われている。 そんな子ども達がラグビーを通じて大人への階段を一歩ずつ上っていく、小さくて偉大なチャレンジスピリットを 描いた青春物語です。

漂泊フライヤー表

<漂泊> 会場:本六ふれあい会館10:00 
2014年/86分/玉村町映画「漂泊」制作委員会 群馬県立女子大学4年の伊藤多美江がこの物語の主人公。 卒業論文の題材として玉村町内で行なわれている郷土芸能を取材しながら、就職活動に四苦八苦する日々。 ある日、女優になると高校卒業後、上京していた多美江の妹の真世が多美江が一人暮らしているアパートに帰ってくる。多美江はアルバイト先の焼肉店に真世を紹介し、自分は卒論と就活に打ち込むことに。一方、真世は焼肉店の息子であり映画監督志望の大学生、大森康一の映画に役者として参加することになる。康一は地元である玉村町のとある伝説に基づいた映画を中間と一緒に制作しているが、間もなく撮影を予定しているラストシーンに違和感を感じ悩んでいる。 真世の帰郷以来、多美江が暮らす環境が少しずつ変化し、運命自体が急速に歪んで行く。幼き頃から施設で暮らしていた姉妹が、あらゆる人間関係や玉村町内で行なわれている伝統芸能を通じ、蛇行しながらも前へ向かって生きていく、ひと夏を描いた物語です。

【藤橋誠監督プロフィール】


 1975生まれ。早稲田大学商学部卒。埼玉県出身。栃木県足利市在住。まち映画製作事務所代表。  学校法人有坂中央学園メディア開発センター映像ディレクター。中央工科デザイン専門学校講師。  映画を中心に、TVCM、PV、VPなどあらゆる映像制作を行なっている。


詳しくはこちらで↓
ちいさなちいさな映画祭 概要

・出演者募集
・む~びぃ部概要及び部員募集

記事検索
む~びぃ部CM

↑右下のボタンを押せば全画面表示もできるしyoutubeのページに飛んで観ることも出来るよ!
降臨LOVE予告編


↑右下のボタンを押せば全画面表示もできるしyoutubeのページに飛んで観ることも出来るよ!
予告映像
スポンサード リンク





livedoor プロフィール
スポンサード リンク
  • ライブドアブログ